Read Article

駐車場部分は延べ床面積に含まれない?容積率不算入措置について。

お客様からご質問いただくことのなかに、「駐車場って建築の面積に入るの?」という質問をよくいただきます。

 

結論から申し上げると、場合により容積率不算入措置が認められています。

つまり、全部が全部、建築の面積(以下、延べ床面積)に参入されないというわけではないですが、延べ床面積として算入されない範囲があるということです。

 

具体的には、自動車車庫等の部分については、延床面積の合計1/5を限度として、容積率算定上の延べ床面積に算入されない、ということになっているのです。

 

蛇足ですが、一般的に半地下(以下、地階)と言われるものにも、延べ床面積に参入されないケースがあります。

具体的には、住宅部分の床面積の合計の1/3を限度として、容積率算定上の延床面積に参入されないことになっています。

 

新築住宅を建築する際は、このへんも考慮にいれながら設計士さんと打ち合わせすると、居室として利用できる床面積を広く取れるので、是非活用してください♪

 

建築するための物件をお探しの際や、建築についてのご相談に関しては、当社コンサルタントに是非お任せください!

お気軽はお気軽に、03-5704-8833 ボールアセットパートナーズ株式会社まで!

http://www.ballassetpartners.co.jp/

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top