Ball Aseet Partners Blog!

Read Article

ネット掲載物件に対する悪徳不動産業者の手口その①

a1180_010170

こんにちは。

今回は物件探しでみなさんが普段使われている広告媒体について投稿します。

みなさんは物件を探すときに何を使われていますか?

おそらくは、インターネットを使われている方が大半なのではないでしょうか。

 

どういう物件が掲載されるのか?

一般的にインターネット上の広告媒体(SUUMO・HOMES・アットホーム等)は

不動産業者が1月あたり〇〇件までといった契約で掲載料を支払い、物件を掲載します。

掲載される物件は、インターネットの広告掲載を売主から許可が得られたものということになります。

(一部売主様からの掲載許可を取らずに掲載されている物件もありますが、、、)

つまり、売主が複数の業者へ掲載の許可をすると色々な業者が同じ物件を掲載することになります。

インターネットで検索すると同じ物件がずらっと並ぶのはそういう理由だからです。

こういった物件は、どこの業者に問い合わせても紹介できる物件になります。

仲良くしている業者さんが仮にその物件を掲載していなくても、

掲載している業者さんと同じようにご紹介してもらえるはずです。

では、一社しか掲載していない物件はどうでしょうか。

 

掲載に制約がある物件

前述のインターネットの広告掲載について売主の判断により、

特定の業者しか広告を掲載させないケースがあります。

たくさんの業者が掲載すると売れ残り感が出てしまうなどといったことを敬遠するからです。

でもこういった物件はどの業者(掲載していない業者)に問い合わせても、

掲載している業者と同様にご紹介が可能です。

 

もし今お付き合いしている業者がいて、その業者が掲載していない物件も

聞いてみると同じように紹介できるケースがほとんどかと思います。

気になる物件があるたびに新しい業者に問い合わせをすると物件探しの窓口も多くなりすぎますし、

その後の営業活動(電話やメールなど)も煩わしいと感じるのではないでしょうか。

気になる物件があればまずはお付き合いしている業者に問い合わせてみるのがいいかと思います。

 

ただ、一部の物件については様々な理由で特定の業者しか紹介できないケースもあります。

その時は要注意です。

通常、不動産仲介業者は成功報酬のビジネスです。

1件成約して、ようやく仲介手数料が頂けるビジネスになります。

どんなに一生懸命ご案内しても、物件の情報をお伝えしても、

成約しなければ、手数料は発生致しません。

そうすると、もし自分で仲介できない物件だった場合に、

決まってしまっているとお伝えしたり、これこれこういう理由でやめた方がいいなどど

あきらめさせるようなことを言われることがあります。

ちょっとでもおかしいなと感じることがあれば、

掲載元の業者に念のため確認するのもひとつの方法だと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top